So-net無料ブログ作成
検索選択
アニメ ブログトップ

『アイスエイジ2』みてきました [アニメ]

昨日、さいたま新都心・コクーン内MOVIXさいたまで『アイスエイジ2』を息子と二人で観てきました。
夫も誘ったのですが、連日の家族サービスで疲れたのか、はたまたサッカーテレビで見ていたかったんでしょうかねぇ・・・二人で行っておいで、と言われて息子と二人、電車に乗って出かけたのでした。

電車で移動と言っても、「さいたま新都心」駅から下りてすぐの場所にあるので全然苦になりません。
むしろ車で移動して渋滞に巻き込まれてイライラすることがないのでラクチンかも。
「おさきにネット」でチケットはあらかじめ確保しておいたので、発券機でチケットをプリントアウトして、飲み物とフライドポテトを買っていざスクリーンへ。

前回の「アイスエイジ」はビデオをレンタルしてきて観たのでした。大好きな山寺宏一さんが主人公マニーの声をあてているのですっかりファンになった私(*^-^*)。
2では、前作以上にCGが美しく、動きもダイナミックになっていて、とても楽しい作品に仕上がっています。

今回は女性キャラクターも増え、愉快な男性トリオに彩りが添えられ華やかさが増しています。
優香さん演じるエリーがとてもチャーミング。
山ちゃんとの共演もものおじすることなく、いい感じでしたよ。
竹中さんのディエゴ、太田さんのシドは言うことなしのアテレコぶり。この二人のかけあいは絶妙のタイミングです。

2を観て一番感心したのが、フクロねずみの兄弟・クラッシュとエディの吹き替えのテンポの速さ!
久本さんと中島さんの関西弁が気持ちいいほど軽快なテンポではじけ飛んでました。
最初から最後までハイテンションで、あちこち動きまわるこの兄弟の声をよくもここまで自然にあてることが出来たものだなぁ・・・とビックリ。
吹き替え版で映画を楽しむと、私の場合ついつい“声のあて方”にまず注意が行ってしまうのですが、今回はどのアテレコも素晴らしいもので満足させていただきました(*^-^*)。

それにしても・・・あのおさわがせリスくん、今回も災難にたくさんあって、エンディングでも大変な目に遭うんですよ。
ビデオをレンタルして家で見るのもいいけれど、氷河期の動物たちの動き方や雄大な自然がリアルに描かれているこの作品は、是非映画館の大きなスクリーンで観て欲しいと思いました。

マニーの目の演技が素晴らしかったですよ。
胸がきゅーんとなるシーンもたくさんあって、息子曰く「隣の席の若いねーちゃん泣いてた」んですって。
私は泣きませんでしたが、彼女の気持ちは少しわかるかな。
家族愛、兄弟愛、孤独と向き合うということなどなど。
さまざまなテーマが織り込まれつつ、笑えるシーンがたくさんあるとても楽しい映画でした。

難点をひとつだけあげれば、おしまいに流れるスタッフロール
がアミニズムなデザインの画面で暗めな印象が強かったのと、音楽がケチャみたいな独特なビートだったので、小さい子が随分おびえていたのが勿体なかったですね。
「なんかコワイ」というちいさな人の声があちこちから聴こえてきてましたから。
大人が見るとなかなか凝ったデザインで良かったんですけど、映画館の大きな画面で鑑賞すると迫力がありすぎて少し怖かったかもしれません(^^;

○アイスエイジ2
http://www.foxjapan.com/movies/iceage2/
↑声優さんのインタビューも見ることが出来ます。
ミニゲームも楽しい(*^-^*)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

14歳のひたむきさに癒されて [アニメ]

昨晩、『耳をすませば』を10時くらいから見ました。
9時~10時は息子が裏番組を見ていたので残念ながら見ることかなわなかったのです。お笑い番組が終わってすぐにチャンネルを変えると、雫がおじいちゃんたちとセッションしている場面でした。
ラッキー
このシーン、とても好きです(*^-^*)。

これでもう5回目になるでしょうか・・・。
ジブリの作品はどれも良いけれど、中でもこの作品は一番好きなのです。

1.説教くささがない。
2.主人公は一生懸命でまっすぐだけれど、どこかもろい感じがある。(ナウシカやラナのような『ひとりでも大丈夫。ワタシは強いぞ』タイプの女の子とは違う感じ。)
3.自分らしさを探そうともがくこどもたちを見守る大人たちの役割がはっきりしていて上品。

特におじいさんが雫に石をプレゼントするときの言葉が好き。
「この石はあなたにふさわしい。」
「差し上げます。」

・・・の「差し上げます」。
なんというか・・・おだやかで包み込むような響きにものすごーく大人を感じていつもいつも憧れます。
雫の家の、お父さん、お母さん、おねえさんのおのおの関わり方もとても素敵ですね。

胸の奥が甘ずっぱくなりながら、場面場面で「そうそう」と何度もうなづき、キャーキャー言ってる私を見てオンラインゲームしながら息子も笑っていました。「カントリーロード」が流れると一緒に口ずさんでいたけれど(*^-^*)。

この作品を見た後は、むしょうに何か作りたくなったり、楽器が弾きたくなったりします。
久しぶりにグラスリッツェンでも楽しみましょうか(^^)。

写真は随分前に絵を刻んだガラスのお皿。
グラスリッツェンをはじめて最初の作です。
教室には行かずテキストを見ての自己流なので、お手本の写真とは違う作品に(笑)。
食卓にもよく登場していて重宝しています。

ダイヤモンドの粉がついた針でガリガリ削っていく作業は、根気と時間がとっても必要。遅々として中々先に進みません。
けれど、動作のひとつひとつを重ねるたびに、心がシーンと静かになってゆくのが私はとても好きです。

自分の心を磨いていくために、時間のかかることをもっともっとゆっくり楽しんでゆきたいものですね(*^-^*)。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グルミットに逢いたい♪ [アニメ]

『ウォレスとグルミット』を最初に見たのは、息子がまだ小さかった頃のこと。
何気なく眺めていたNHK教育テレビで放送されたのを偶然見たのが最初でした。
その話は「ペンギンに気をつけろ」・・・そう、あの鉄道模型の列車に乗っての手に汗握る見事なチェイスが印象的なあの作品でした。

それ以来、すっかりファンになった私たち親子。
最新作の「野菜畑で大ピンチ」も是非行きたいな、と思ってます。

さて、そんなウォレスとグルミットの世界展が日本橋三越で開催されています。
とっても短い開催期間で2006年3月9日(木)~12日(日)まで。
そう・・・今度の土日を逃すと見ることが出来ないのです。
着ぐるみグルミットとの撮影会は先着30名までとのことなので無理でしょうが、映画で使用されたレディトッテイントンの応接室セットの展示は是非見てみたい(*^-^*)。

○日本橋三越でのイベント紹介ページ
http://www.mitsukoshi.co.jp/nihombashi/wandg/

○ウォレスとグルミット公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/wandg/

写真は数年前に近所の西友で購入したグルミットくんと、何かのイベントの時にもらったアッピーくん。夜、携帯で取ったので画質が悪くてすみません(^^;


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
アニメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。