So-net無料ブログ作成
心地よい暮らし ブログトップ

2006-07-14 [心地よい暮らし]

毎日、朝・晩とストレッチポールに乗っているおかげだと思いますが、このところ肩こりに悩まされることが少なくなりました。
生理の前になると頭痛や倦怠感がひどかったのも緩和されているので、ポールを買う前は「高い買い物にならなければいいけど・・・」なんて思っていたのが嘘のよう。毎日、疲れたからだをほぐしてくれるのですから、結構安い買い物だったなぁ、と喜んでいます。

さて、からだのほうはストレッチポールやゆる体操などで自分なりのゆるめ方がわかってきたのですが、日々暮らす中で心の中に澱のようによどむあれこれをどうほぐしていったらいいのかな・・・と模索中。
ヴィパッサナー瞑想や内観など色々試してそれなりに心を穏やかにたもつ術を少しずつ身につけつつあるのですが、最近は祈る機会を増やすことで心を真ん中にもどすことを心がけています。

思えば私が「祈り」にはじめて接したのは生後まもない頃のこと。白血球が人より多くて余命いくばくもないと告げられ母がおろおろしていた頃、なぜか同じ病室だったクリスチャンの殿方とその奥様が赤ん坊の私をたいそうかわいがり、毎日私のために祈ってくださっていたのだそうです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストレッチポールで蘇生する [心地よい暮らし]

日記をお休みする少し前、近所の美容院に行きました。
いつもは駅近くのスーパー上にある安くカットしてくれるチェーンの美容室に行っていたのですが、久しぶりに高校時代の友人とのミニ同窓会があったので、ちょっと贅沢してみようかと思ったのです。
これが実は後の体調不良の原因となりました・・・。

その美容室は息子が通っていた小学校のすぐ傍にある個人の方が営業しておられるお店。
PTAの役員で学校に通ったりしていましたから、お店の外観がどんどんキレイになるのも存じ上げていましたし、HPで内容を確認すると、環境にも配慮した液剤や施術を行っておられるようなので冒険して行ってみたのです。

私の髪はパーマをあてると、かけたときにはくるくるになっちゃうのにすぐ取れてしまう・・・。
なので、いつもカットだけ。
その美容院に行ったときもカットだけでお願いしたのでした。
ところが・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

魔女ブレンドのハーブティー [心地よい暮らし]

ACIMを紐解きつつ、よく飲んでいたのがPさんにブレンドしていただいたハーブティ。

Pさんとの出会いは、今年のアースガーデン渋谷(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=129652127&owner_id=1518298)。
本の代金をお支払いするときに受付に置いてあったPさんブレンドのハーブティーを購入させていただいたのがきっかけで、オーダーした人ひとりひとりにあわせた“魔女ブレンド”なるものを今回お願いしてみたのです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミュージックブリージング [心地よい暮らし]

マイミク・はりぃ~さんの日記経由で最近知った『ミュージックブリージング』、ちょっと面白そうなので少し実践してみようかと思っています。

○ミュージックブリージング
http://www.musicbreathing.com/

○基本となる考え方
http://www.musicbreathing.com/archives/2006/01/post_47.html

>まずは生活の中にビートを感じるようにする。
>次にそのビートの集まりを1つのサイクルと捉えるようにする。
>そして次に、そのサイクルの集まりを1つの大サイクルとして捉えるようにする。

ね、なんだか面白そうでしょう?

今発売されている『日経WOMAN』にもミュージックブリージングのことが簡単に紹介されています。
6月号の特集は「ストレス対策からダイエットまで。しなやかに、自分を変える!ココロ快晴、カラダ美人!」とのテーマで、その中の実践ツールのひとつとして掲載されています。
概略説明しか掲載されていませんが、ほかの記事ともあわせて読むとなかなか面白い。

○日経WOMAN
http://www.nikkeiwoman.net/


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

満員電車に思うこと [心地よい暮らし]

息子が大きく成長した今でも、電車に乗るときには混む時間帯を避けています。
それでも運悪く遭遇してしまうのが満員電車ってやつですね(^^;・・・。

子育てに適した環境を、との理由から現在は埼玉に住んでいます。
私の通勤手段の大半は自転車。雨の日はバス。
満員電車とも無縁な暮らしに慣れていたのですが、GW中は運悪く数回満員電車を経験してしまいました・・・。

20代の頃は池袋~原宿間の山手線で通勤していたこともあるので、ラッシュ時の身の置き方やバランスの取り方には慣れています。
しかし、GW中は電車に乗りなれない方が大勢乗っていたせいでしょうか。当時の山手線ほど混んでいないのに、からだのあっちこっちに色々なものがぶつかってきました。
なんでかなぁ、と考察してみて気がついた「これはちょっとちょっと~」なことを今日は少し書いてみようと思います。

1.混雑時のピンヒールは凶器

お洒落ですよね。かかとがパタンパタンと動くミュールやコツコツと音を鳴らして歩くピンヒール。

でも、混んでいるときにこれを履いている人がバランスを崩すととても悲惨なのです。
本人もグラグラして危ないし、周りの人はものすごーく痛い目に遭う・・・。
混雑時でも細いヒールを履きたい方は、両手でしっかりバランスを取れる体制を心がけて欲しいです。
ピンヒール履いてる人は、なぜか大きなプランドものの紙袋を肩からかけてたりするのでバランスが不安定な人が多いんですよね・・・。

2.セミロングの毛先はくしゃみのもと。
 束ねないロングヘアーは転倒のもと。

肩のあたりで揺れる髪、
ふわっと良い香りも漂ってきそう・・・。
魅力的ですね~。

しかし、混雑している電車の中で肩のあたりで揺れる髪の毛は、ちょうど隣の人の鼻のあたりに毛先がつんつんしてるんです。頬はちくちくするし、思わずくしゃみが出てしまう(^^;

ロングヘアーのつやつや黒髪も美しいですね。
けれど束ねていないと、長い毛先が周りの人の腕やからだの側面にまとわりついて、夏などは気持ち悪い・・・。
おまけに降りるときにお互いの邪魔になる。

ある程度の髪の長さの人は、ヘアゴムを携帯して電車に乗るときにはまとめていただけるとうれしいのですが。
(私が山手線で通勤していた頃には、こういう女性が大勢いました。利用駅で降りてからゴムを取ってヘアを整えてましたっけ。)

3.手に文庫本など角ばったものを持つと周りの人はちくちくします。

ホームで読み止しの本をそのまま手に持って電車の中で読めたら読もうと思っているんだと思いますが、その角のちくちく、とても痛いんです。
活字の世界もいいけれど、せっかくのマンウォッチングの機会・・・本はバッグの中にしまいませんか?

4.リュックサックや肩掛けかばんは網棚へ
網棚利用する人、ホント少なくなりましたね・・・。

混む時間帯に電車に乗らないようにするとか、休日などで混雑が予想されるときには、人出の多い所へはでかけない、などの回避策を取るのが一番の解決策ではありますが、それでもどうしても出かけないとならないことってありますよね。

乗り合わせたつかの間であっても何かのご縁。
みんなが少しずつ気づかうことで、少しは快適に過ごせるんじゃないのかな・・・とそんなことを思いました。

こうした小さな気づかいで、毎日隣町のろう学校へ電車で通っているKちゃんや、赤ちゃんの治療のために専門病院へ通わなければならないNさんも、ちょっとは混雑時の痛い目に遭う機会が軽るように思うのですが・・・。

満員電車に乗らないで済む環境を整えることが一番だと思うけれど、今、ここで改善できることがあるなら、実行に移してみたいと思うのでした・・・。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GWおぼえがき(その1) [心地よい暮らし]

○4/30・・・母と一緒に父のお墓参り
○5/1~2・・・通常どおりお仕事
○5/3・・・母の様子を見に実家へ。お昼をご馳走になる。
パイプハンガーが壊れてしまったというので、実家近くの量販店で購入。夫と息子が組み立てる。
行きも帰りも渋滞に巻き込まれる。

○5/4・・・息子のリクエストで宮原のステラタウンへ
【夫と息子】クレーンゲームとコインゲームに熱中
【私】沖縄の物産を扱うお店で「海ぶどう」と「ミミガー」と書籍売り場でオードリー・ヘップバーンの本を購入。
パワーストーンのお店を冷やかすも、今回は石は買わず。
ステラタウン近所の回転寿司で晩ごはんを済ませる。

GW前半は、こんな感じで普段とあまり変わらない時間を過ごしました。
中学生にもなると、休日は部活で忙しいので仕方がないかな・・・。遠慮せず寝坊できる日がほしい(*^-^*)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「毎日がアースデイ ~水を考える水曜日~」に参加してきました [心地よい暮らし]

今日は平日のお休み日だったので午前中は大宮で銀行まわり。
通帳記入やら口座の移し変えやら、毎月定例の諸作業を。
その後、原宿まで出かけました。

時間があれば表参道ヒルズもぶらぶらしたかったのですが、今日のおめあては「アースデイ」のイベント。

4/22・23に行われたお祭りには家族の都合で参加出来なかったのです。お店やさんがたくさん並ぶお祭り的イベント(アースガーデン渋谷“スマイル!マーケット” http://www.earthday-tokyo.org/cafe/#0501)は5月の連休中にもまたあるようなので、ま、仕方ないか・・・(^^;
シンポジウムやフォーラム関連に参加できるものは見逃さないように、と本日足を向けてみた次第。

お昼過ぎから風が強くなってきて肌寒く感じる一日でした。
代々木公園沿いの並木道の緑がとても爽やかで、ジョギングする人、路上で歌う人、あれこれ眺めながらのんびりした時間を過ごしました。
原宿ってやっぱりいいなぁ。
昔の職場が原宿にあったせいもあると思いますが、緑がたくさんで伸び伸び出来るのです。
原宿駅のホームから見えるつつじの赤もとても綺麗でした。


さて、「水を考える水曜日」についての簡単なメモを忘れないうちに書いておきます。
---------------------------
【本日のテーマ】
1.『世界水フォーラムの広がりと可能性~「第4回世界水フォーラム」レポート』
横田妙子さん(第4回世界水フォーラム アジア太平洋地域コーディネーター)

2.『皇太子殿下の基調講演「江戸の舟運」をめぐって』
浅井重範さん(日本水フォーラム チーフオフィサー)×池田正昭さん

3.『UCHIMIZUプレイバック~04年「春の小川」打ち水大作戦』

4.『いくぜ!打ち水音頭~「打ち水大作戦2006」プレゼンテーション』
http://www.earthday-tokyo.org/cafe/#0426
-------------------------------------------------------
まず、冒頭に水フォーラム(http://www.waterforum.jp/jpn/)の横田妙子さんが『世界水フォーラム』についてわかりやすく説明してくださいました。
パワーポイントも見やすかったし、何といっても横田さんの浴衣姿があでやか~。
一口に「水問題」といっても、お国柄や水域によって様々。
地域の歴史と伝統が色濃く出る問題を多く含んでいるため、簡単な解決策というのはどの問題についてもなかなかないそうです。

カトリーナによる水の被害は記憶に新しいところですが、自然災害による水災害だけでなく、水をめぐる問題は深刻化しています。
20リットルの水を汲みに行くのに30分以上歩かなければならない人が地球上に10億人もいたり、トイレの設備がなく不衛生な環境に置かれている人たちは22億人もいるのだそうです。
日本では水へのアクセスがこんなに困難な人たちがいるなんて、実感できないですよね・・・。

世界水フォーラムってどんな団体なのでしょうか?
本部はフランスにあるそうです。
第一回は1997年モロッコにて開催。
2003年には日本でも開催されたので、ニュースでご覧になった方も多いのでは?
2003年の日本でのフォーラム時には皇太子殿下が総裁をつとめられました。
第4回はメキシコで開催され、皇太子殿下が「江戸と水運」とのテーマで基調講演も行っておられます。
※詳しくは下記「日本水フォーラム」のページをご参照ください。
http://waterforum.blog57.fc2.com/blog-entry-20.html

この講演の内容を水フォーラムの浅井さんがパワポで大会時の映像も交えながら楽しく解説してくださいました。
皇太子殿下はオックスフォード大学時代にテムズ運河についてご研究されていたそうなのですが、その折に閘(こう)門というものについてご興味をもたれたそうなんですね。
閘門というのは、船が運河をわたる際にとても重要な働きをする門の名前。
日本にお帰りになられてから、日本にも優れた水門の技術があることを確認され、熱心にご研究されておられるとか。

今回の基調講演のテーマとなった江戸の水運事情では、私の住む街に流れている『見沼代用水』や『芝川』の話が出てきたので、とても身近にお話を聴くことが出来ました。

息子が小学生の頃、『見沼のりゅうじんさま』という地元に古くから伝わる民話をお芝居で演じたことがあるんです。
授業参観のときに見せてくれました。

江戸の台所を支えるための広大な農地が必要となり、見沼地区(埼玉県内)では大掛かりな土木工事が何度も行われ、そのたびに水流、農耕地が変更になり、農民は大変苦労をしたそうです。農家の人々が苦しむ様をみかねた竜神さまがお役人をこらしめるという伝承が元になってのお芝居でした。

地元ではそんな話も伝わっている見沼代用水ですが、日本初の用水路という貴重な存在。しかも大変ユニークな技術が導入されているんですって。今回じっくりお話をうかがってあらためてすごいなぁ、と思いました。

ふむふむ・・・とうなづきながらお話を聴いていると、仮設テントのすき間から冷たい風がピュー、ピュー。
晩御飯の支度もあるし、寒くて風邪をひきそうになってきちゃったので、楽しみにしていた3、4の『打ち水』の話は聴かず
資料をもらって帰ってきました。

今年の『打ち水大作戦』は8/10に開催予定だそうです。

『気温はさがるか。風はおきるか。みんなの涼しい笑顔に出会えるか?
地球温暖化に対抗する地上最大の社会実験』
とのテーマで2003年から継続して行われている、誰でも参加できる身近なイベントなのです。

江戸時代、人々は打ち水で涼を取って涼しく過ごしていました。
お風呂の残り湯で、あるいはクーラーの外気ダクトから排出される水で、今年はあなたも打ち水大作戦に参加してみませんか?
地球温暖化に対してみんなが出来る身近な対策“打ち水”。
お子さんの夏休みの観察の記録に「打ち水した道路としていない道路の温度差」なんてのもいいかもしれませんね(*^-^*)。

○打ち水大作戦2005
http://www.uchimizu.jp/

○打ち水大作戦2004
http://www.uchimizu.jp/top.html


まだまだ色々書きたいことはあるんだけど、後は思い出したときにぼちぼちと。
代々木公園はさわやかで気持ちよかったのですが、往復の山手線や乗換えで人混みの波にもまれて、ちょっと疲れちゃいました。
みちるさんが作って送ってくださった天然石のブレスレットを眺めて少し元気が回復したのですが、まだまだエネルギー不足のようなのでお風呂に入って早く寝よっと。

※そそ・・・アースデイがちゃがちゃ楽しかったです。
200円入れてがちゃって思わず楽しんできました。
出てきたのは「つくる たべる」プロジェクトのバッチ。
このお話はまた別の機会に(*^-^*)。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
心地よい暮らし ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。